×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


「お前たち、何をしている」

 低く、しかしまだ抜けきれない幼さを押し隠したような声だった。
 首筋にヒヤリとした感触。

「ここはヘルギウスの敷地内――特待生には剣の使用が認められている」

 あぁ、これは剣なのか。
 和巳は自分の頚動脈に当てられているものが、人を殺すための凶器だと知った。


title/紅白もち


 全てが唐突過ぎて、現実味を帯びていない。感覚が麻痺しているのか、驚きや恐れの類は胸中に浮かんでこなかった。
 ただ、目の前の人間をじっと見つめる。
 足元は皮製らしきブーツ、靴より若干薄い茶色で統一された服は見慣れないデザインで、 上には肘までの長さしかないマントのようなものを羽織っている。色は白く、首元も隠していた。

「……なんだ?」

 不可解で不機嫌で不愉快極まりない、とでもいうように寄せられた眉。
 やや吊り上った小生意気な双眸。
 決して鋭角的ではない顔の輪郭線。
 細くしなやかな、一目で成長途中と分かる体躯。

 全てが十代中頃の少年らしさをまとっていたが、放つ雰囲気や態度は冷たく、そのアンバランスさが危うい印象を与える。
 おそらく美形と呼ぶに相応しい外見なのだろう。
 だが、黒髪と茶眼に見慣れた和巳からしてみれば、真っ先に眼を奪われるのは少年を飾る色のコントラストだ。

 さらさらと風に遊ばれる髪は、陽に透けても輝くことのない、まるで紙のような白。
 眇められた瞳の色は――鮮やかな真紅だった。

(結婚式に来たら喜ばれそうな色ね)

 白と赤、まったくもっておめでたい色である。状況は全然おめでたくないが。
 和巳の頭にはとりとめのない、現実逃避にも似たことばかりが浮かぶ。
 だって、これが現実?
 ありえない。剣を持つ人間も、ファンタジーみたいな格好をした少年も、全てが現実的じゃない。
 非現実的。これは逃避じゃない、事実だ。
 危機感を表さない和巳をさらに不信に感じたのか、背後に立つ人間はさらに強く刃を押し当ててきた。鋭い痛みが走り、 反射的に肩が揺れる。

「っ……」
「やめろ!」

 背後で大和が叫んだ。
 真紅の瞳が細くなる。まるで大和が叫んだことを「意外だ」とでも言うように。

「無抵抗の人間に剣を向けるなんて、非常識だろ」
「非常識なのはお前たちだ」
「なんで!」

 少年は話しかける相手を大和へシフトしたが、和巳の命を握る刃は微動だにしない。意識は常に向けられているということか。
 この非現実的な事実は、どうやら逃避を許さないらしい。
 畜生、と心の中で毒づいてから和巳は思考を切り替える。
 逃げられないなら、方向転換して逆に追いかけてとっ捕まえてやる。それがこの理不尽な状況に対して和巳のはじき出した回答だった。

「ここはヘルギウスの敷地内だ、と何度言えばわかる。明らかに学生でもなければ関係者でもない人間を警戒しないなど、 愚かにも程がある。それとも、僕たち学生はまだ実戦では役立たずだとでも勘違いしているのか?」

 問いかける声音には薄い憤りが込められていた。現代語訳すると、「てめぇらなめてかかると叩っ切る」だ。
 普通は学生じゃなくても、こんな凶器を使うような実戦では役に立たないわよ! と突っ込みたくなるのをこらえて、 二人の会話に集中する。
 少しでも手がかりを――その一心で会話に耳を傾ける。
 場所、状況、相手、何か一つでも分かれば改善されるかもしれないこの悪夢から抜け出すために。

「へるぎうす? そんな場所、知らない。俺も姉さんも気付いたらここに居たんだ」
「……姉弟か?」
「そうだ。俺たちは武器なんて持ってない。だからそれをどけてくれっ」
「武器なんて身体のどこにでも隠せる」

 必死の懇願にも、少年は冷たい言葉を返すのみ。
 それは突然現れた不審者に対して当然の対応ではあったが、 彼の態度を「酷い」と感じるくらい、和巳と大和は人を信頼する生活に慣れすぎていた。
 ただ呆けるしかできない和巳と違い大和はかなり頭にきたらしく、語気を荒げてまくし立てた。

「何の権利があって姉さんを傷つけ……じゃなくてっ、俺たちを害そうとする!?」
「言ったはずだ。特待生には認められている、と。不審者への対応も特待生の義務だ」
「不審者不審者って……! 俺にしてみりゃ、そんなモノを持ってるお前のほうがよっぽど不審だ犯罪だ!」
「頭がおかしいのか? 剣を持った人間など、街に出れば掃いて捨てるほどいる」
「嘘だ! 銃刀法違反だ!」

 言い切った大和にさすがの少年も戸惑ったのか、瞳に若干困惑の色がチラついた。
 少年の視線が和巳へと移る。「本気か?」とでも問いたげな少年へ、和巳は力強くうなずいてみせた。

「そんな馬鹿な話が……」

 あるのだ少年。世界は広い。
 なんて少し年上ぶったようなことを考えつつ(だが事実少年は和巳より年下に見える)、このままなら 説得されてくれるかもしれない、と淡い希望を抱き始めていた。
 相手から警戒されるような行動は慎まなければ、と和巳は必死で剣から逃れようとする自分の身体を抑える。
 が、そんな和巳の密かな努力は報われることなく、少年の発した言葉で木っ端微塵に砕け散った。

「……まぁ、たとえそんな馬鹿らしい話があったとしても」

 素直に信じなさいよ! という心の叫びが聞こえるはずもなく、少年は淡々と言葉を紡ぐ。

「お前たちが不審者で不法侵入者であることに違いはない」
「だから俺たちはっ」
「大和、ストップ」
「姉ちゃん?」

 背後で、弟が焦りながらも自分の言うことをきちんと聞いていることに安堵する。
 大丈夫、この子がいるなら、私は冷静になれる。
 和巳は鮮やかな色彩の瞳を見つめ返し、はっきりとした口調で少年に告げる。

「不本意ながら私たちが異分子であることは事実よ。警察なり護衛なり、どこへでも好きなところへ引き渡せばいいわ」

 この少年は説得されてくれない。
 どのような因果でこうなったのかは分からないが、彼が警戒するに足るだけの条件を、和巳たちは満たしているのだ。
 同時に、こちらの話に耳を傾けるなど絶対にしない、とも確信している。
 あまりの頑なさため息をつきたい気分だが、一呼吸するのにも注意を払うこの状況では難しい。

「随分あっさりと引くな」

 引かざる負えない状況の作り手が何を言う。
 もう少し粘れば警戒心を解く、なんて都合のいい展開は用意されていないのに。
 胡散臭そうに和巳を見やる視線が妙に神経を逆なでするが、ここは我慢のしどころ。
 二人は確かに潔白で、やましいところなど何一つとてない。ならば少年に対して引け目を感じることもない。
 和巳は堂々とした態度で言葉を返す。

「どうせ聞く耳持たないんでしょ。だったら話の分かる人に代わってほしいのよ」

 それは和巳の偽らざる本音だ。
 こちらとしてはここが何処で、具体的に言うのなら日本の――もしくは日本からどれくらいの距離がある場所なのか、 何故姉弟揃ってこんなところに居るのか……などの疑問に答えてくれる存在が必要である。  決して好意的ではない少年の態度からして、それらを親切に教えてくれるとは到底思えない。
 そもそも、和巳たちがここに居る理由を知っているなら今なお首筋に触れているこれは何なんだ。
 誰でもいい、誰でもいいから教えてくれ――和巳が祈るような気持ちで切に願ったとき、少年の身体が動いた。


「――誰だ!」


 鋭い、腹の底から出したような気迫ある声だった。
 誰何と同時に少年は身体を翻し、ついでに触れていた剣も和巳の身から離れた。
 だが、和巳の脳はそんな緊急事態に対応できるほど回転が速くない。頭自体は悪くないが、なにぶんこういったことに対する経験が 絶対的に足りていない。

「は……?」

 間抜けな声を出しつつ、和巳は少年を見上げた。
 つい先ほどまで正面を向いていた身体が、今は後姿を見せている。
 後ろの高い位置で一括りにされている白い髪が風に煽られ、揺れていた。長さだけなら和巳と同じくらいかもしれない。
 男子のポニーテールって珍しいな。目の保養、目の保養。
 と場違いなことを考えつつ、少年の手にしている剣の切っ先が向かう方向へ視線を転じた。
 特に思うところあっての行動ではない。なんとなしに、「何かあるのだろう」というだけでそれを目に入れ――すぐに後悔した。

「く、ま?」

 熊にしては小柄で耳のとがった、しかし色合い的には確かに熊な獣が、茂みの向こうから三人を見つめ―― いやむしろあれは凝視だ。エモノを逃がしてなるものかという気迫の篭った凝視だ―― グルルルル……と不吉な唸り声を響かせながら、何故か、こちらに、あろうことか、信じられないことに――爪を向けた。

(やっぱりここ、森だったのね……!)

 この発見はもしかしたら冥土の土産になるかもしれないな、なんて気弱な考えが頭を掠めた。
 森の熊さんが笑ったように見えたこと、多分、勘違いじゃない。



前へ  目次へ  次へ

お小言
第一異世界人・メインキャラ登場。
白い髪に赤い目ですが、彼はアルビノではありません。
お決まりの目覚めたら森→化け物パターンだ。